4D-jp 4D Japan Technical Support Team

4D v19.4 修正リスト

2022-11-19

  • ACI0103434 Windows版のみ。SDIモードですべてのウィンドウを閉じても,アプリケーションが自動的に終了しないことがありました。タスクバーからアイコンが消えますが,タスクマネージャーに4D Volume Desktop というタスクが残されました。

  • ACI0103423 クライアント/サーバー版のみ。あるクライアントがNEXT RECORDでレコードをロードしようとした場合,別のクライアントまたはプロセスがCREATE SETで当該テーブルのセットを作成するのに通常の100倍の時間がかかりました。ビルド280058に問題があるようです。

  • ACI0103422 4D for OCIプラグインのバージョン表示からマイナーバージョンが欠けていました。

  • ACI0103463 Write Proドキュメントにメソッドコールのハイパーリンクを設定した場合,参照として渡されたフィールドにカレントレコードの値が渡されませんでした。

  • ACI0102095 オブジェクト配列を含むスキーマに対してJSON ValidateでJSONを検証した場合,2個目以降の要素が検証されませんでした。

  • ACI0100550 WP Newでオブジェクト型のデータソースが初期化されていないWrite Proエリアをコマンドで更新していると,アプリケーションがクラッシュしました。

注記: 問題は修正されましたが,フォームにWrite Proエリアを表示してからコマンドで更新した場合,取り消し/やり直しメニューの履歴が作成され,ルーラーなどの再計算が発生するため,速度に問題があります。WP Newで作成したドキュメントをメモリ上で更新してからフォームに表示してほうが効率的です。

  • ACI0100533 Char(0)が含まれるテキストをWP SET TEXTをWrite Proドキュメントに挿入した場合,Char(0)以降のテキストが更新できなくなりました。

  • ACI0103461 LISTBOX SET ARRAYk row height array以外の制御配列を設定するたびにメモリーリークが発生しました。

  • ACI0103465 ブール型の変数をFormulaで作成した4D.Functionオブジェクトにパラメーターとしてキャプチャさせることができませんでした。

  • ACI0103401 マウスまたはキーボード操作でメソッドエディターでUnicodeのサロゲートペアをハイライト選択した場合,文字の半分が選択され,delete または backspace を入力した場合,文字の半分が削除されました。

  • ACI0103438 Mac版のみ。文字列定数にU+02DC˜)が使用されている場合,Apple Siliconターゲットのコンパイルがエラーを返しました。

  • ACI0103395 WP SET ATTRIBUTESの定数wk page orientationの後にセレクターとは無関係の定数wk section indexが候補として表示されました。

  • ACI0103345 WP INSERT DOCUMENT WP New WP Import document コピー/ペースト操作でテキストのレンジが崩れてしまうことがありました。

  • ACI0103176 スプレッドシートを4D View Proにインポートした場合,96,07887のよう値が96,07887000000001'に変換されました。

注記: SpreadJSの不具合です。ライブラリが修正されるまで,パッチが適用されることになりました。

  • ACI0102974 Windows版のみ。スタンドアロン版で_O_Gestaltを実行した場合,アプリケーションがクラッシュしました。

  • ACI0103412 リストボックスと列に別々の交互背景色が設定されていた場合,フォームをプロジェクトに変換すると列にリストボックスの交互背景色が継承されました。

  • ACI0103245 エクスプローラーのプレビュー画面にサブフォームのスタイルシート設定が反映されませんでした。

  • ACI0103355 複数の4D ServerでSQLサーバーを公開した場合,SQLパススルー(ODBCを介さない直接的なSQLアクセス)の処理速度が低下しました。

  • ACI0103236 IMAP Transporter.getMails()で大量のメールを受信した場合,エラー200(ストリームの末端を超えた読み込み)が返されました。

  • ACI0103427 ORDAで日付型のシーケンシャル検索を実行した場合,クラシックなクエリよりも時間がかかりました。

  • ACI0103417 すでに接続が確立されているメールボックスを更新した後,IMAPTransporter.checkconnection()を実行した場合,successfalseが返されました。

  • ACI0103219 ストラクチャエディターの検索エリアでフィールドを検索することができませんでした。入力した文字列の2文字目以降が考慮されませんでした。

  • ACI0103215 クライアント側でタイムアウトを設定してサーバーを再起動しようとした後,他のクライアントでCurrent time(*)のようなサーバー側処理を実行した場合,エラーが返されて接続が切断されました。サーバー側でタイムアウトを設定してサーバーを再起動した場合は問題ありません。

  • ACI0103405 Windows版のみ。PDFを出力先にしてプリントジョブを開始した後,何もせずに終了した場合,空のファイルが作成されました。

  • ACI0103227 REST APIの$compute=$allをコールした場合,テキスト/文字列型・日付型のプロパティ値が正しく返されませんでした。テキスト/文字列型はmin max0が返され,日付型はcount以外が実数で返されました。

注記: 修正により,テキスト/文字列型・日付型のプロパティmin maxはそれぞれのデータ値で返されるようになりました。sum averageには,0が返されます。


関連記事

リンク