4D-jp 4D Japan Technical Support Team

4D v18.5 Hotfix 3 修正リスト

2021-10-15

バージョン: 18.5
ビルド: 271924

  • ACI0102359 スタティックテキストに<vTotal;|Montantのようなシンタックスで実数型のプロセス変数とフォーマット名を指定して埋め込んだ場合,値が正しく表示されませんでした。

  • ACI0102283 サードパーティ製のSOAPクライアントでWebサービスに認証しようとした場合,接続に失敗することがありました。MD5でハッシュされたパスワードのダイジェストが送信された場合に問題が発生するようです。

  • ACI0102273 Mac版プロジェクトモードおよびWindows版のみ。フォームエディターをズームした状態でスタティックテキストやボタンタイトルをインライン編集した場合,入力エリアがズーム率を考慮せずに標準サイズで描画されました。

  • ACI0102031 4DSCRIPTの実行コンテキストで2回以上SET DATABASE PARAMETERSQL Engine case sensitivityを変更した場合,デッドロックが発生し,アプリケーションがハングしました。

  • ACI0101978 LDAPのobjectGUIDが文字化けしたテキスト形式で返されました。LDAP Searchは,数値を文字列に変換して返しますが,GUIDはバイナリ形式のデータが無効な文字列に変換されます。

  • ACI0102369 クライアント/サーバー版のみ。日付型と似たような形式(nnnn-nn-nn)の文字列を検索条件の値として渡した場合,dataClass.query()が正しい結果を返しませんでした。文字列が日付として評価されているようです。プレースホルダーを使用した場合に問題が発生します。文字列リテラルであれば問題ありません。

  • ACI0102353 ランタイムエクスプローラーのウォッチ式にローカル変数が入力された状態で監視プロセスを切り替えた場合,そのプロセスがすでにアポートされているとアプリケーションがクラッシュしました。表示の更新周期を短いと問題が発生しやすくなります。

  • ACI0102285 ストラクチャ設定で「最新のバックアップのみ保存nバックアップファイル」を設定しても,backupHistory.jsonファイルには過去のバックアップ履歴がすべて残されており,ファイルが際限なく肥大化しました。

  • ACI0102209 プロジェクトモードのみ。ビルド版アプリケーションでユーザーがcommand+shift+F9のキーコンビネーションを入力してランタイムエクスプローラーが表示することを阻止する手段がありませんでした。カレントユーザーは常にDesignerであるためです。

注記: 修正により,シングルユーザーのビルド版アプリケーションではキーコンビネーションでランタイムエクスプローラーが表示できないようになりました。表示するには新コマンドOPEN RUNTIME EXPLORERを使用してください。

  • ACI0102262 アプリケーションをプロジェクトモードにエクスポートした場合,ハイライトボタンは透明ボタンに変換されますが,同時にOn Mouse Moveイベントが有効に設定されました。

注記: 修正により,オブジェクトにヘルプTipsが設定されている場合を除き,イベントは処理されないようになりました。On Mouse Moveイベントは,ヘルプTipsを表示するために必要です。

  • ACI0102233 ラベルエディターでラベルに挿入した式(例:[Table_1]Field_2+"bbb")やフォーマット付きのフィールド(例:String:C10([Table_1]Field_3;"### ### ##0.000"))が正しく出力されませんでした。フィールドの値だけが出力されました。

  • ACI0101912 ラベルエディターにドラッグ&ドロップ操作でフィールドを追加したり,フィールドにフィールドを連結したりすることはできますが,すでに挿入された式を編集した場合,確定した内容が保存されませんでした。

  • ACI0101759 ラベルエディターでラベルに挿入したフィールドにString関数でフォーマットを適用した場合,印刷やプレビュー出力にフォーマットが反映されませんでした。

  • ACI0102258 ELF(Extended Log File)形式のWebログファイルが正しく出力されませんでした。ヘッダーと値の位置が揃っていません。またヘッダーに大文字が使用されているため,一部のツールで正しく表示されませんでした。

  • ACI0102141 クライアント/サーバー版のみ。クライアント側でentitySelection.fromCollection()を実行した場合,日付ではなくISO文字列形式で日付が保存されました。

  • ACI0102098 クライアント/サーバー版のみ。クライアント側でトランザクション中に保存したリレーション属性を再び保存しようとした場合,エンティティのスタンプがインクリメントされているために保存できないというエラーが返されました。

  • ACI0101834 クライアント/サーバー版のみ。クライアント側でロックしたエンティティを再びロックした後,エンティティにNullを代入してオブジェクトをクリアした場合,ロックが解除できなくなりました。Nullを代入した時点でエンティティh解放されるべきです。

  • ACI0101326 コンパイルモードのみ。ポインター型のプロジェクトメソッドのパラメーターにNullが渡された場合,アプリケーションがクラッシュしました。

  • ACI0102174 WEB SERVICE CALLでコールしたサーバーがステータスコードの500とHTMLボディを返した場合,パーサーがDTDなどの関連リソースをロードしようとするため,アプリケーションがフリーズすることがありました。

  • ACI0101233 View Proエリアのセットアップ中にウィンドウをリサイズした場合,アプリケーションがフリーズしました。On VP readyイベント直後のタイミングでJavaScriptの無限ループに陥る可能性があるようです。

  • ACI0101060 データ書き出しダイアログ画面で実数型フィールドに数値フォーマットを適用した場合,プレビューエリアに表示される値には小数点が二重に表示されました。プレビュー表示の不具合であり,エクスポートされるファイルは問題ありません。###, ###, ## 0.00というフォーマットに問題があります。


関連記事

リンク