4D-jp 4D Japan Technical Support Team

53ビット整数

2022-08-01

4Dのコンパイラーは,64ビット整数をサポートしていません。SQLはコンパイルの対象外であるため,例外的に64ビット整数型フィールドが扱えます。64ビット整数型のコンパイルをサポートするためには,コンパイラーの全面的な書き換えが必要となり,これには2ないし5年の歳月がかかると想定されています。現時点で64ビット整数型のサポートは計画されていません。

バリアント型オブジェクト型は,マクロ(プリプロセッサ)によって展開される擬似的なデータ型なので,コンパイラーを全面的に書き換えることなく,比較的短期間でランゲージに追加することができました。オブジェクト記法も同様です。

PostgreSQLなど,64ビット整数型のプライマリーキーを使用するような外部システムと連携する場合,32ビット整数型のフィールドでは同期ができない,という問題に直面します。プライマリーキーは,基本的にシーケンス番号であり,実際に64ビット整数の最大値(符号付きで9,223,372,036,854,775,807=922京3372兆368億5477万5807)まで使用することはないとはいえ,32ビット整数の最大値(2,147,483,647=21億4748万3647)では足りなくなる恐れがあります。

そのようなわけで,19r6では,実数型を53ビット整数として使用できるようになりました。

Support of larger integers than integer32

4Dの実数型IEEE 754準拠の倍精度浮動小数点数であり,符号1・仮数52・指数1164ビット(8バイト)で成り立っています。53ビットあれば,MAX_SAFE_INTEGERつまり9,007,199,254,740,991=9007兆1992億5474万991まで正確に整数を表現することができます。

これまでのバージョンでは,おおきな実数を文字列に変換すると12桁の指数表現になり,整数であれば精度が失われました。19r6では,17桁以内の整数を収めた実数は,整数のまま文字列が変換されるように仕様が見直されています。JSON・XMLドキュメントの実数⇆文字列変換は,整数は整数のまま出力されるようになりました。メソッドエディターの数値リテラルは,17桁以内の整数は指数表現に変換されず,整数は整数のままトークナイズされるようになりました。


関連記事

リンク