4D-jp 4D Japan Technical Support Team

PROJECT DATABASESシリーズ:フォーム・エディターを使った新しい可能性

2020-01-16
Vanessa Talbot

FormEditor

プロジェクトモードデータベースを導入してから、いくつかの4Dダイアログのインターフェイスも修正しました。このブログでは、フォームエディターに加えた変更をいくつか提示します。

フォーム・アーキテクチャー

まずはフォームがどのように組成されるのかを思い出しましょう。

FormArchitecure

フォーム名をつけたフォルダを各フォームごとに作成します:

  • プロジェクトフォームに対しては”/SOURCES/Forms”
  • テーブルフォームに対しては “/SOURCES/TablesForms/"

各フォームフォルダーは以下の項目で構成されています:

フォーム・ディスクリプション

  • フォーム・メソッド
  • “オブジェクトメソッド” フォルダー
    • フォーム・オブジェクト・メソッド
  • “イメージ” フォルダー
    • イメージファイル

プロパティー・リスト TIPS

お気づきかもしれませんが、プロパティー・リスト中のプロパティーのいくつかは太字です。なぜでしょう?とてもシンプルですが:プレーンテキストのプロパティーは初期値を使い、太字のテキストはデザイナーによってオーバーライドされています。

このビデオ中では、私たちは太字のテキスト、値のリセットの方法、そしてこの情報がスタイルシートでいかに有効かについてデモを行っています。

オブジェクトグループの改良

4Dはオブジェクトをグループ化でき、全体を簡単に選択、移動、修正することができます。このビデオでは、プロジェクトモード・データベース中のグループの改良点をお見せします。

例えば、グループの中の一つのオブジェクトを選択します:最初に、グループ中のオブジェクトをクリックしてグループを選択します。それから選択したい特定のオブジェクトをクリックします。

もしグループを選択したら、整列と分布アクションが可能になります。アクションはグループ内の全てのオブジェクトに適用されます。


リンク