4D-jp 4D Japan Technical Support Team

PROJECT DATABASESシリーズ:バイナリからテキストベースへ

2019-11-08
Vanessa Talbot

project-database-binary-textbase

4D v17 R5で新しいタイプの4Dデータベース:プロジェクト・データベースのベータテストを開始しました。4D v18では、プロジェクト・データベースが最終リリースになったことをお知らせします。今こそ軽い分散型フォーマットの多用途性と組み合わされた4Dの開発プラットフォームのパワーを活かす時です!

プロジェクト・データベースは、伝統的なバイナリー・フォーマットではなく、テキストベースのファイルを使って4D中で開発されます。プロジェクト・データベースを作成するには:

既存のデータベースを変換

バイナリー・データベースをプロジェクトに変換するには、シンプルに”ファイル”→”書き出し”→”ストラクチャからプロジェクト”メニュー項目をクリックするだけです。

project-database-binary-textbase

一度バイナリー・データベースの変換が完了すれば、その成功を知らせるメッセージが表示されます。4Dはまた、手を加える必要があるエラーが見つかった場合もお知らせします(例:すでにサポートされていない古いフォーム・オブジェクトがある)。

project-database-binary-textbase

さらに詳しくはこのドキュメントを見てください。

具体的なサンプル

以下のビデオでは、4D ウェブサイトからダウンロードできる”Contacts”データベースを変換しました。

“ファイル→書き出し→ストラクチャからプロジェクト”メニュー項目の使って、バイナリーストラクチャ・ファイル(.4DB)をprojectに変換します。4Dは交換の間にエラーが発生したことを知らせてくれます。ログファイルを開いたとき、データベースがハイライト・ボタンを使うことに気づきます。上記のように、プロジェクト・データベースでは、古いオブジェクトの中にはサポートしていないものもあります。

この場合、シンプルにボタン・タイプをハイライトから非表示に変更します。データベース中では、”ボタン”にイメージ、固定テキスト、ハイライト・ボタンを含む場合、これらの3つのオブジェクトを一つのオブジェクト:3Dボタンに置き換えることをアドバイスします。もしコンテキストに従ってランタイム時にボタンを表示あるいは非表示にする場合、コードの変更が必要です。

いくつかの修正後に、”Contacts”データベースは再度書き出されて、今回は成功しています。

今度はあなたが実行する番です!


リンク